【リモートポケカ】ジャッジステーションカップ優勝・上位デッキレシピまとめ&独自分析考察【2020年5月6日JSC】

ポケカ大会

2020年5月6日開催のジャッジステーションカップの大会優勝・上位デッキの紹介とポケカ道場独自分析考察です。自粛期間ですがリモート(Skype)ポケカの際のデッキ構築などの参考にしていただければ幸いです。

JSCジャッジステーションカップとは?

参加条件

1.オンラインポケカの環境がある
2.シティリーグ以上のジャッジ経験有

優勝 ラプラスVMAX

ポケカ道場独自分析考察:
優勝はラプラスVMAXデッキ。モスノウやたっぷりバケツでエネ加速を図る代表的な構築ですが、ジラーチを4枚採用で安定性も高く環境にいる炎(マルヤクデVMAX、エースバーンVMAX、リザードンVMAX、ズガドーンなど)にも有利に立ち回れたのではないでしょうか 。

準優勝  マルヤクデVMAX/ゼラオラGX

ポケカ道場独自分析考察:
準優勝はマルヤクデVMAX/ゼラオラGXデッキ。ゼラオラGXのフルボルテージGXで後攻1ターンで5エネ、溶接工などあわせると最大7エネマルヤクデVに貼ることができますね。 ビクティニVやマルマインGXも同様のワザを持ちますがビクティニVより貼れる枚数が多く1進化のマルマインGXよりテンポも速いですしサイドレース的にも不利ではない点がポイントですね。

ベスト4 マルヤクデVMAX(ブルーの探索型)

ポケカ道場独自分析考察:
ベスト4はマルヤクデVMAX(ブルーの探索型)でした。ボルケニオンで後攻1ターンから3エネ溶接工と合わせて最大5エネマルヤクデVに貼ることができます。ヒートほのおエネルギーの採用で耐久も期待できます。溶接工やブルーの探索を毎ターン使うために相手ベンチへのアクセスをキュウコンの特性きゅうびのいざないでカバーしていますね。

ベスト4 三神ザシアン/ミロカロスV

ポケカ道場独自分析考察:
ベスト4は三神ザシアンデッキ。基本的にカードパワーが強い三神、ザシアンを軸に闘い、サブアタッカーとして対炎タイプ(マルヤクデVMAXなど)にミロカロスVやミミッキュを使っていく構築ですね。

ベスト8  ストリンダーVMAX/ダストダス/クワガノンV

ポケカ道場独自分析考察:
ベスト8はストリンダーVMAX、ダストダスデッキ。基本はダストダスでどく状態にしストリンダーVMAXで攻撃していく形ですが、ピンで採用されているクワガノンVでグッズロックも狙える構築ですね。場のかみなりエネルギーが増えればパルスワンVでの打点も期待できます。

ベスト8 三神ザシアン

ポケカ道場独自分析考察:
ベスト8の三神ザシアンデッキ。代表的な三神ザシアンに環境にいるミュウミュウ、ピカゼクなどへの対策としてシャドーボックスミミッキュ、リセットホールマーシャドー、ベンチバリアミュウなどが採用されています。

ベスト8 三神ザシアン/ミロカロスV

ポケカ道場独自分析考察:
ベスト8は三神ザシアンにミロカロスVが採用された構築です。三神ザシアンにマルヤクデVMAXへの対策としてミロカロスVが採用されているデッキが増えてきていますね。

環境分析


爆炎ウォーカー発売後開かれた大きな大会の一つなので環境を見る点でも重要な大会ですね。優勝はラプラスVMAXデッキ。モスノウやたっぷりバケツでエネ加速を図る代表的な構築ですが、ジラーチを4枚採用で安定性も高く環境にいる炎(マルヤクデVMAX、エースバーンVMAX、リザードンVMAX、ズガドーンなど)にも有利に立ち回れたのではないでしょうか。準優勝とベスト4にはは爆炎ウォーカーに収録されたマルヤクデVMAXエネ加速手段として採用されるポケモンやサポートがこれから研究されそうですね。ベスト4とベスト8の2つ計3デッキは三神ザシアン、うち2デッキではミロカロスVが採用され環境にいるマルヤクデVMAXをはじめとする炎対策が意識されています。爆炎ウォーカー収録で注目されたカードの1枚であるクワガノンVはベスト4ストリンダーVMAXデッキで採用されています。どくとグッズロックの相性も良さそうなのでこちらの活躍も期待ですね。

関連記事

【2020年4月20日~29日】ポケカ大会優勝デッキレシピまとめ&独自分析考察

タイトルとURLをコピーしました