【2020年6月10日】ポケカ大会優勝デッキレシピまとめ&独自分析考察【全15デッキ紹介】

ポケカ大会

2020年6月10日のオーガナイザーや店舗開催の大会優勝デッキの紹介とポケカ道場独自分析考察です。デッキ構築などの参考にしていただければ幸いです。

モクロー&アローラナッシー/バタフリーVMAX/ゴリランダー

独自評価・分析
モクナシゴリランダーにバタフリーVMAXをアタッカーとして採用した形。ゴリランダーの特性ボルテージビートで一気にアタッカーのエネ加速をしバタフリーVMAXのキョダイドクカゼで相手のバトルポケモンを追加効果でどくとこんらんにできるため相手のテンポを遅らせることができますね。

マルヤクデVMAX

独自評価・分析
マルヤクデVMAXを攻撃の中心として、ボルケニオンで後攻1ターン目からフレアスターターで3エネをつけていき、溶接工などでエネ加速し一気にマルヤクデVMAXの打点を上げていく構築。サイド調整のためズガドーンGXのバーストGXなどでラスト1枚取りきることもできる構築も採用されています。

ズガドーン(小ズガ)

独自評価・分析
代表的なカードが多く採用された小ズガです。回収ネットの採用により入れ替え手段の代替としても活用できる構築になっていますね。

ストリンダーVMAX

独自評価・分析
ストリンダーVMAXをメインアタッカーとして採用、サブアタッカーにクワガノンVやパルスワンVも採用されています。クワガノンVのパラライズボルトで相手のグッズロックを序盤に決めることができれば展開などで優位に立ち回れますね。

ミュウツー&ミュウGX(炎)

独自評価・分析
レッドパーフェクションでリザードンGX、レシリザ、ズガドーンGXなどをメインの攻撃ワザとしてルギアGXの採用でエネがたくさんついた相手ポケモンをロストパージGXでロストゾーン送りにもできる構築です。デデンネGXも3枚採用されており早い展開が期待できる構築です。

ミュウツー&ミュウGX(超)

独自評価・分析
ミュウツー&ミュウGXを攻撃の中心としてカラマネロの特性でトラッシュからのエネ加速をして早い段階で攻撃していく構築ですね。マリィからのナイトウォッチャーなど相手のハンデスを狙える構築。

マッドパーティ

独自評価・分析
トラッシュにあるマッドパーティのワザを持つポケモンの数×20の打点で攻撃できるマッドパーティのデッキ。ミステリトレジャーやクイックボールトキワの森博士の研究など手札をトラッシュできるカードを多く採用していますね。

ギラティナ/カラマネロ

独自評価・分析
ギラティナで相手ベンチにダメカンをまきつつカラマネロでトラッシュからエネ加速し攻撃するデッキですね。イベルタルGXの採用でダメカン4つに調整するとデスカウントGXでHPの高いVMAXポケモンなどもワンパンできますね。

ムゲンダイナVMAX

独自評価・分析
ムゲンダイナVMAXを攻撃の中心としてベンチ展開のためにボール系のグッズが多く採用されています。ジグザグマで相手にのせるダメカンを調整しイベルタルGXのデスカウントGXでワンパンも狙えます。

ルカリオ&メルメタルGX/ザシアンV

独自評価・分析
ルカリオ&メルメタルGXのフルメタルウォールGXで相手からの被ダメージを減らしザシアンVを中心に攻撃していく構築ですね。

ハッサムVMAX

独自評価・分析
ルカリオ&メルメタルGXのフルメタルウォールGXで被ダメージを減らしてからザシアンVザマゼンタVハッサムVMAXなど状況に応じて攻撃していける構築ですね。

三神ザシアン

独自評価・分析
三神ザシアンに新弾に収録されたターボパッチが採用されたデッキ。後攻1ターンでオルタージェネシスGXを打てる確率がさらに上がり優位に立ち回れますね。

関連記事

全71デッキ紹介【2020年6月5日~9日】ポケカ大会優勝デッキレシピまとめ&独自分析考察

【2020年6月11日~12日】ポケカ大会優勝デッキレシピまとめ&独自分析考察【全16デッキ紹介】

タイトルとURLをコピーしました