【2020年3月29日】ポケカ大会優勝デッキレシピまとめ&独自分析考察

ポケカ大会

2020年3月29日のオーガナイザーや店舗開催の大会優勝デッキの紹介とポケカ道場独自分析考察です。デッキ構築などの参考にしていただければ幸いです。

リザードンVMAX

ポケカ道場独自分析考察:
新たに発売されたスターターデッキからリザードンVMAXが採用されています。ボルケニオンや溶接工でエネ加速し早い段階からリザードンVMAXのキョダイゴクエンを打っていく構築ですね。トリプル加速エネルギーなど適宜必要札をブルーの探索でもってきて使うこともできます。 ブルーの探索の代わりにワタシラガVやデデンネGXを採用しサポートを使いまわしたりドローソースを確保する構築もありますね。

ズガドーン(小ズガ)

ポケカ道場独自分析考察:
シティリーグでも活躍した小ズガ。溶接工でエネ加速、序盤の展開用にデデンネGX、ジラーチやオドリドリGXで必要札を集めやすくし炎の結晶や火打石で炎エネを集める構築ですね。

メリープLO

ポケカ道場独自分析考察:
メリープの特性とまどろみの森を合わせることで相手の動きを遅らせることができ、アイアントのワザやのろいのスコップ、ジュジュベ&ハチクマンで相手の山札を削っていく構築。リーリエのピッピ人形にのろいのスコップをつけても山札を削れる点も強いですね。

ミュウツー&ミュウGX(超)

ポケカ道場独自分析考察:
シティリーグシーズン3でも活躍した超MM、ラティオスGX、カイリューGXなどが主に採用されカラマネロでトラッシュからエネ加速しワザを打ち分ける構築ですね。ギラティナ、ズガドーンなどでダメカンをまくこともできます。

ドラパルトVMAX

ポケカ道場独自分析考察:
ドラパルトVMAXを中心に攻撃しダメカンを4つに調整しイベルタルGXのデスカウントGXでHPの高いポケモンもワンパンが狙える構築ですね。必要札を集めやすくするためジラーチも採用されていますね。反逆クラッシュからはボスの指令、回収ネット、ツールスクラッパーが採用されています。

三神ザシアン

ポケカ道場独自分析考察:
シーズン中も活躍を見せた三神ザシアン、代表的なカードが多くされていますね。反逆クラッシュ収録のボスの指令、ツールスクラッパーなどが採用されていますね。

関連記事

【2020年3月28日】ポケカ大会優勝デッキレシピまとめ&独自分析考察

【2020年3月31日】ポケカ大会優勝デッキレシピまとめ&独自分析考察

タイトルとURLをコピーしました