【2020年2月6日】ポケカ大会優勝デッキレシピまとめ&独自分析考察

ポケカ大会

2020年2月6日のジムバトル、新弾バトル、トレーナーズリーグの大会優勝デッキの紹介とポケカ道場独自分析考察です。デッキ構築などの参考にしていただければ幸いです。

モクロー&アローラナッシーGX/ゴリランダー

ポケカ道場独自分析考察:
モクナシゴリランダーはVmaxライジングで新たにゴリランダーV・Vmaxが収録されたことで期待が高まっているデッキの一つではないでしょうか。ダダリンVの採用で比較的早く高打点がだせフシギバナ&ツタージャGXの採用で相手のベンチポケモンの呼び出しもしやすくなっている構築ですね。

レシラム&リザードンGX

ポケカ道場独自分析考察:
レシリザにヤトウモリやマグマッグを採用しドローソースや必要カードを持ってきやすくし、きゅうびのいざないキュウコンを採用し相手ベンチポケモンへのアクセスをよくしている構築ですね。状況に応じてビクティニV、ヒードランGX も使い分けることができますね。

コータスV

ポケカ道場独自分析考察:
コータスVに特性じならしをもつマグカルゴを採用しています。じならしでデッキのトップを炎エネにしコータスVの打点を上げて攻撃できる構築ですね 。

ズガドーン(小ズガ)

ポケカ道場独自分析考察:
シティリーグシーズン2でも活躍した小ズガですね。どちらのデッキにもドローソースとしてザシアン、オドリドリが採用されていますね。上はジラーチの採用で必要トレーナーズを2番目はヤレユータンの採用でドローソースを確保していますね。火打石、炎の結晶、エネルギー回収など炎エネを手札に戻す必要カードが対戦中のキーとなりますね。

ピカチュウ&ゼクロムGX

ポケカ道場独自分析考察:
シティリーグシーズン2でも活躍したピカゼクですね。比較的多く採用されているカードで構築された代表的なデッキですね。グズマハラの採用でサンダーマウンテンやエスケープボード、大きなおまもりへのアクセスをしやすくしていますね。

モルペコドール(人形)

ポケカ道場独自分析考察:
シティリーグシーズン2でも活躍したモルペコドール、このデッキではサンダーとシャドーボックスミミッキュの採用でMMなどにも対応しやすい構築になっていますね。

ほっぺすりすりレシラム&ゼクロムGX

ポケカ道場独自分析考察:
ほっぺすりすりでベンチにほっぺすりすりを持つポケモンを展開し、パチリスのすりすりはつでんでエネを加速、状況に応じてライチュウかレシゼクで攻撃していく構築ですね。

ミュウツー&ミュウGX(超)

ポケカ道場独自分析考察:
シティリーグシーズン2でも活躍した超MM、オロヨノ、ゲンミミ、アーゴヨンGX、ウルネク、ラティオス、イエッサンVなどが主に採用されカラマネロでトラッシュからエネ加速しワザを打ち分ける構築ですね。

ミュウツー&ミュウGX/アルセウス&ディアルガ&パルキアGX

ポケカ道場独自分析考察:
ミュウツー&ミュウGXと三神デッキを合わせたものですね。MMスタートした際三神とルカメタのGXワザどちらを打つか選択できる点や、かすみぎりゲッコウガのワザを使い特性持ちのポケモンにも貫通してワザを与えることができる点などが強みですね。

ガラルタチフサグマ

ポケカ道場独自分析考察:
シティリーグシーズン2でも活躍がみられたガラルタチフサグマ、イベルタルGXの採用でタチフサグマラインの進化で4ダメカンをまき一気に高HPの相手ポケモンをデスカウントGXで倒すこともできる構築ですね。

三神ザシアン

ポケカ道場独自分析考察:
シティリーグシーズン2でも活躍した三神ザシアン。三神のオルタージェネシスGXでサイドレースを有利にし、パワーカードであるザシアンVやメタルソーサーがあるためやはりデッキパワーが強いという印象を受けます。

ガブリアス&ギラティナGX

ポケカ道場独自分析考察:
上のデッキはガブギラを中心にMMとゲンミミ、ネクロズマなどが採用されています。ホミカでぶっとびボムマタドガスをトラッシュしガブギラのワザ打点をあげていく構築ですね。2番目の構築はムウマージを採用し早い段階で相手にサイドを取らせて格闘道場、くろおびでガブギラの打点をあげていく構築ですね。

関連記事

【2020年2月5日】ポケカ大会優勝デッキレシピまとめ&独自分析考察

【2020年2月7日】ポケカ大会優勝デッキレシピまとめ&独自分析考察

タイトルとURLをコピーしました