【2020年1月24日】ポケカ大会優勝デッキレシピまとめ&独自分析考察

ポケカ大会

2020年1月24日のポケカ大会優勝デッキレシピポケカ道場独自の分析考察

マグカルゴLO

ポケカ道場独自分析考察:
シティリーグシーズン2も上位入賞で結果を残しているマグカルゴLO、ザシアンを3枚採用することで特性ふとうのつるぎで序盤から盤面展開が安定します。メリープ採用でよりLOをしやすくミュウツー&ミュウGXとマグカルゴGXの採用で殴りにいくこともできる構築ですね。

ライチュウ&アローラライチュウGX

ポケカ道場独自分析考察:
ライチュウ&アローラライチュウGX(ライライ)のタンデムショックでダメージとまひの追加効果を狙っていく構築ですね。カプコケコVとジラーチ&エスケープボードの採用で逃げエネ0のポケモンをバトル場に出しておき攻撃できる状態になればライライを前に出して追加効果も狙えるという戦い方ができます。グズマハラの採用でサンダーマウンテンやエスケープボードへのアクセスも良くなっていますね。

ミュウツー&ミュウGX(超)

ポケカ道場独自分析考察:
ミュウツー&ミュウGXを主軸とし超エネルギーをカラマネロで加速しオーロラエネルギーで他タイプのポケモンGXのワザを打てるようにする構築が多いですね。よく採用されているポケモンとしては、オロヨノ、ゲンミミ、ラティオス、ウルネク、ゲッコウガGX、アーゴヨンGXなどですね。序盤の展開補助としてデデンネGXも多くのデッキに採用されていますね。

ルカリオ&メルメタルGX/ザシアンV

ポケカ道場独自分析考察:
ルカリオ&メルメタルGXの採用によりフルメタルウォールGXで相手からのダメージを30軽減し鋼鉄のフライパンとあわせてダメージを60軽減できるようになり、また攻撃面でもガラルニャイキングの採用で相手へのダメージを+20できるためザシアンのブレイブキャリバーで250打点まで出せるようになりますね。チラチーノも採用することでドローソースを増やしより安定した運用ができる構築ですね。

サーナイト&ニンフィアGX

ポケカ道場独自分析考察:
サナニンフのブルー型の構築ですね。ブルーの探索によりフェアリーチャームやピッピ人形などの必要パーツにアクセスしやすくし攻撃もできるしLOも狙っていける構築になっていますね。

三神ザシアン

ポケカ道場独自分析考察:
三神ザシアンの構築にガラルニャイキングも採用しオルタージェネシスで+30点、ガラルニャイキングの特性で+20点ザシアンのブレイブキャリバー230+50で280点までの打点が出せる構築ですね。コバルオンGXの採用により状態異常に強い構築となっており、環境にいるライライや状態異常を使ったLO狙いの対面に対応できますね。

関連記事

【前日】
【2020年1月23日】ポケカ大会優勝デッキレシピまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました