「ムゲンゾーン」 収録カードリスト公開/最安値販売情報

ムゲンゾーン

2020年6月5日(金)ポケモンカード 拡張パック「ムゲンゾーン」が発売。
注目の収録カードや販売情報をお知らせします。

「ムゲンゾーン」最安値販売情報

Amazon ポケモンカードゲーム ソード&シールド 拡張パック 「ムゲンゾーン」 BOX購入特典セット

楽天 ポケモンカードゲーム ソード&シールド 拡張パック 「ムゲンゾーン」

駿河屋 ポケモンカードゲーム ソード&シールド 拡張パック「ムゲンゾーン」BOX

「ムゲンゾーン」収録 V・VMAX ポケモン

ヘルガーV

独自評価・分析
3エネで通常100ダメージで自分のベンチポケモンにダメカンが乗っていれば追加100打点で200ダメージ与えられるおとしまえフレイム、エネが比較的軽いので序盤から打てますが、序盤だとベンチ無傷の時もあるので使いどころは選びそうですね。

カジリガメV

独自評価・分析
マルヤクデVMAXなど炎で環境入りしているデッキが増えてきているため注目が集まる水タイプ。かたいこうらでワンパン240打点まで耐えられる耐久、3エネで130打点でワザを受けた相手ポケモンはにげられないという追加効果付きなので炎VMAXの対策になりうるカードですね。

カジリガメVMAX

独自評価・分析
特性込みで耐久350は優秀ですね。ただ進化してワザキョダイズツキは3エネ基本160打点で打点追加80がコイン判定はやや使いづらそうです。環境にいる炎タイプに弱点込みで基本で320打点出せるのは強みですね。

ガラルサニゴーンV

独自評価・分析
特性のむしばむオーラはエネを多く貼るマルヤクデVMAX、リザードンVMAXの対策になりそうなカード、ワザホロウミサイルは60打点とベンチばらまき30点と非V・非GXにも強く出れそうです。

ドサイドンV

独自評価・分析
上ワザドリルライナーは80打点追加効果で相手のバトルポケモンのエネ1つトラッシュできるので序盤の展開を遅らすなどできそうですね。闘タイプなので闘タイプ強化セットの格闘道場、ディアンシー◇などで打点も補えます。

クロバットV

独自評価・分析
特性ナイトアセットに注目が集まるカード。デデンネGXのデデチェンジの代用としてや合わせて使うことで戦略の幅が広がりそうなカードです。どのデッキにも入りそうなので汎用カード入りしそうですね。

ムゲンダイナV

独自評価・分析
上ワザパワーアクセルは1エネ30打点でベンチポケモンに1枚あくエネを貼れるワザ。下ワザは4エネですが通常120打点で対VMAXに240打点だせるワザです。VMAXが環境に増えてきているため有用ですがややエネは重めですね。

ムゲンダイナVMAX

独自評価・分析
今回のパッケージにもなっているムゲンダイナVMAX特性ムゲンゾーンは自分の場があくタイプだけの時8匹まで場に出せる特性。ドレッドエンドはベンチ8匹まで出せば270打点が見込めるワザ。ベンチの展開がカギとなりそうですね。

ハッサムV

独自評価・分析
上ワザちぎりとるは30打点に加え相手のバトルポケモンのポケモンのどうぐと特殊エネをトラッシュできるため対面がささる相手なら強そうです。

ハッサムVMAX

独自評価・分析
上ワザハードシザーは次の相手の番受けるダメージを-30できるので実質ワンパンラインを350ダメージまで上げられるワザ。下ワザダイスチルは3エネ190打点で対VMAXへは2パンで見れるラインですね。炎も一定数環境にいるため鋼鉄のフライパンなどと合わせて使えるかもしれませんね。

ボーマンダV

独自評価・分析
上ワザおうだんひこうは相手のポケモン全員に30打点なので対ミュウミュウでばらまいてからのシャドーボックスミミッキュなど使えばかなり有利に立ち回れそうですね。

ボーマンダVMAX

独自評価・分析
上ワザツインソニックは相手ポケモン2匹に40ダメージ、パワフルエネルギーなどと合わせると1エネ60ダメージを2体に撒けるため対非GX・Vに強く出れそうです。ダイウイングはトリプル加速などと合わせると最速2ターン目から打てるため必要エネの数のわりに使いやすそうですね。

「ムゲンゾーン」収録 ポケモン

ジーランス

独自評価・分析
たねポケモンであり、めずらしい化石を2枚までベンチに出せるフォッシルサーチは序盤の展開に使えそうです。逃げエネも1なのでフォッシルサーチで使ったエネを切ってベンチに逃げることも可能です。キャプチャーエネなどと合わせると化石以外のたねポケモンも展開できますね。

パッチルドン

独自評価・分析
特性かじかむうずは相手が手札からエネルギーをつけるたびにそのポケモンにダメカン2個のせられるため、ガラルサニゴーンVのむしばむオーラと合わせるとエネ1枚張るごとにダメカン5個のせることができ相手はかなり厳しいですね。

アリアドス

独自評価・分析
特性スパイダーネットはこのカードを手札から進化させたとき相手のベンチの進化ポケモンをバトル場に呼び出せる特性、回収ネットと合わせると毎ターン相手の進化ポケモンを呼び出せることもできますね。

ガラルタチフサグマ

独自評価・分析
特性バッドルーラーは相手の手札を4枚になるようにトラッシュさせることができる特性です。ロケット弾のいやがらせやオーロット&ヨノワールGXなどと合わせると相手の手札をなくすことも可能な強力な特性です。またナックルインパクトも無色3エネでトリプル加速エネ対応で180打点なのでアタッカーにもできますね。

ズルズキン

独自評価・分析
下ワザバッドブロウルはネズとあわせて使うと3エネ180打点、非Vとしてはなかなかの打点ですね。

フーパ

独自評価・分析
ワザアサルトゲートは1エネで90ダメージベンチからバトル場に出ていないと失敗となるが奇襲には良さそうですね。序盤のタネ切れなど狙えそうです。

「ムゲンゾーン」収録 グッズ

おうえんYホーン

独自評価・分析
おたがいのバトルポケモンをこんらんにできるグッズ、ねむりやまひで逃げられないポケモンをこんらんにして逃がすことができそうですね。

ターボパッチ

独自評価・分析
コインを投げてオモテならトラッシュから基本エネを1枚GX以外のたねポケモンにつけられるコイン判定はあるものの比較的強い効果を持つカード。コイン判定があるため汎用カードとしての採用可能性は低いかもしれませんね。

独自評価・分析
パッチルドンなどの化石ポケモンの進化元になるカード、なぞの化石と同様の扱いですが文面に特殊状態にならない旨追加されています。

タフネスマント

独自評価・分析
GXをのぞくたねポケモンのHPを50あげるグッズ。VMAX進化しないクワガノンVやザシアンVなどの底上げになりそうなグッズですね。

もくもくスモーク

独自評価・分析
相手のバトルポケモンからワザのダメージできぜつした際相手のとるサイドを手札ではなくトラッシュに送れるグッズ。使いどころがなかなか難しそうですね。

「ムゲンゾーン」収録 サポート

とりつかい

独自評価・分析
自分のバトルポケモンとベンチポケモンをいれかえ3枚ドローできるカード、スカイサーカスを特性に持つポケモンのワザの必要エネをなくすことができるため合わせて使うと奇襲にも使えそうですね。

ネズ

独自評価・分析
山札からあくポケモンとエネルギー1枚、このエネルギーは基本と指定がないため特殊エネでももってこれますね。ハイドあくを持ってきて入れ替え手段にもできますし、トリプル加速やツインエネなどで攻勢を早めることもできます。

ローズ

独自評価・分析
トラッシュから基本エネ2枚まで自分のVMAXポケモンにつけられるサポート、ただし自分の手札をすべてトラッシュするため使いどころは選びそうですね。シルヴァディGXのディスクリロードなどと相性が良さそうです。

「ムゲンゾーン」収録 スタジアム

スパイクタウン

独自評価・分析
おたがい自分のバトルポケモンがベンチに戻った時戻ったポケモンにダメカン2個のせるスタジアム。ジラーチなどにじわじわダメカンをまきばらまきで仕留めることもできるためばらまき系デッキとも相性がよさそうです。

ローズタワー

独自評価・分析
サポートのローズと合わせて使うことを想定したスタジアムですね。

「ムゲンゾーン」収録 エネルギー

ハイドあくエネルギー

独自評価・分析
あくポケモンの逃げエネ0にできる特殊エネ。あくデッキではふうせんなどより使い勝手がよく今回収録のネズでもってこれるため戦略の幅が広がりそうですね。

パワフル無色エネルギー

独自評価・分析
無色エネ1個分としてはたらき1個につき打点が20上がる特殊エネルギー。今回収録のボーマンダV・VMAXなどの全体攻撃するポケモンの場合全体に与えるダメージ合計が相手の場のポケモン×20上がるため相性がよさそうですね。

タイトルとURLをコピーしました